製品紹介

電気雷管 -耐静電気雷管-

電気雷管
電気雷管 電気雷管

当社の電気雷管は、絶縁機構と放電機構をもつ複合型の耐静電気雷管です。高い安全性と抜群の耐衝撃性能を誇る当社の耐静電気雷管は南極観測にも採用され、過酷な条件下で安全性と信頼性を証明しました。

この製品のカタログを見る
  • 製品概要
  • 詳細
性能
段数 DS MS 脚線識別
基準秒時(msec) 段数テープ 段数札 基準秒時(msec) 段数テープ 段数札
1 0 0
2 250 25
3 500 50
4 750 75
5 1,000 100
6 1,250 130
7 1,500 160
8 1,750 200
9 2,000 250
10 2,300 300
11 2,700 350
12 3,100 400
13 3,500 450
14 4,000 510
15 4,500 570
16 5,100 640
17 5,700 710
18 6,300 800
19 6,900 890
20 7,500 980
包装区分
脚線長
(m)
品種 1c/s
数量
紙函
収納数
NET
重量
(kg)
GROSS
重量
(kg)
段ボール外寸
[LXBXH]
(mm)

基準
抵抗値

3.0 瞬発 500 50 8.5 10 580X360X140 1.30
DS・MS 9.5 11
4.5 瞬発 500 50 12.5 14 580X360X140 1.71
DS・MS 13.5 15
6.0 瞬発 250 25 7.5 9 580X360X140 2.15
DS・MS 8.5 10
7.5 瞬発 250 25 9.5 11 580X360X140 2.51
DS・MS 10.5 12
9.0 瞬発 250 25 11.5 13 580X360X140 2.81
DS・MS 12.5 14
12.0 瞬発 200 20 11.5 13 580X360X140 3.56
DS・MS 12.5 14
15.0 瞬発 100 10 11.5 13 580X360X140 4.31
DS・MS 12.5 14

※脚線長による標準品は3.0m、4.5m、6.0mです。

使用上の注意
  • 高温(60℃)以上になると、成分中の一部が分解し爆発の危険性がありますので、高温切羽では使用しないで下さい。
  • 親ダイを解体した雷管は、付着した爆薬を布等できれいに拭き取って早期に使用して下さい。そのままにしておくと管体が腐食して暴発する恐れがあります。
  • 雷の発生、または発生するおそれがあるときは使用を中止して下さい。静電気、漏洩電流、誘導電流、迷走電流等が存在すると暴発する恐れがありますのでご注意下さい。特に強風や吹雪の時には、静電気が発生し暴発する恐れがあります。
  • 脚線を延ばすときは、管体を持って引っ張ると寒栓の中の脚線が断線しますので、管体を持たずに脚線部分を握って延ばして下さい。
  • 水深10m以上で1時間を越えてご使用の場合は当社にお問い合わせ下さい。